豆乳のいろは

CLOSE MODAL
Jan 17, 2017

実はこんなにあった!大豆の栄養成分

お醤油・お豆腐など、日本人の食卓に欠かせない『大豆』。

「大豆は健康や美容に良い」と何となく知ってはいても、
どんな風にいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は改めて知ってほしい『大豆』のパワーをご紹介します。

大豆には女性に嬉しい栄養成分がぎっしり!

img001

大豆の代表的な栄養成分といえば、「大豆イソフラボン」です。
でも、これ以外にも「食物繊維」「カルシウム」など現代人に必要な栄養成分が大豆には豊富に含まれています。

1.ヘルシーな畑のお肉「大豆タンパク」

大豆は肉や魚に匹敵するくらいタンパク質を豊富に含んでいます。
しかも、「大豆タンパク」はとってもヘルシー。
血中のコレステロールや体脂肪を下げる効果があります。

2.抗酸化パワーで若々しく「大豆サポニン」

大豆の渋み成分「大豆サポニン」は、
老化を促進する活性酸素を抑える抗酸化成分の一種。
大豆イソフラボン同様、体の中からエイジングケア※に働いてくれる
女性に嬉しい栄養成分です。

3.吸収率の良さが自慢!「カルシウム」

img003

骨をつくる「カルシウム」は、吸収されにくい性質があります。
大豆のカルシウムの吸収率は牛乳の次に高く、野菜や海草よりも吸収しやすいといわれています。

4.脂は脂でも体に良い脂!「リノール酸」

脂質の一種である「リノール酸」は、体内では生成できないため、
必ず食品から摂る必要がある栄養成分。
血中のコレステロールを下げる健康効果があります。

5.女性のお助け栄養成分「大豆イソフラボン」

「大豆イソフラボン」は女性ホルモンに近い作用があり、
更年期に感じやすい不調の緩和に働く女性のお助け成分です。

6.生活習慣が気になる方に「大豆レシチン」

「大豆レシチン」は脂質の一種で、
血管の内側にこびりついた悪玉コレステロール(LDL)を溶けやすくして、
血管内を掃除し、血液の流を良くしてくれます。

7.オリゴ糖類で一番の働き者!「大豆オリゴ糖」

腸内細菌のエサとなる「大豆オリゴ糖」は善玉菌を増やし、
腸内の環境をよくする働きがあります。
他の種類のオリゴ糖に比べ、少量でも善玉菌を増やす効果が高いといわれています。

8.「鉄分」・「食物繊維」も豊富

fd400694

大豆には、「鉄分」や「食物繊維」もたっぷり含まれています。
特に、注目なのが「鉄分」。
大豆イソフラボン同様、年齢を重ねた女性の美容と健康に働く栄養成分です。

このように、大豆にはエイジングケア※に役立つ栄養成分がたっぷり含まれており、
まさに女性のための天然サプリメントなのです。

美容と健康のためにも、『大豆』を毎日の食卓に意識して取り入れてみましょう。

※エイジングケア…… 年齢に応じたケア

関連記事

Comment





Comment